本文へ移動

SDGsの取り組み

SDGsの取り組み

株式会社屋島組は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

17の持続可能な開発目標「SDGs」
  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  1. 人や国の不平等をなくそう
  2. 住み続けられるまちづくりを
  3. つくる責任つかう責任
  4. 気候変動に具体的な対策を
  5. 海の豊かさを守ろう
  6. 陸の豊かさを守ろう
  7. 平和と公正をすべての人に
  8. パートナーシップで目標を達成しよう

当社の取り組みについて

主な取り組み

当社は地域社会の一員として、積極的な社会貢献活動に取り組み、次世代へ繋がる豊かで暮らしやすい街づくりと地域の発展を目指します。
まずは最初の取組として、省資源・省エネルギーを実現する家づくり・ものづくりを進めていきます。
新築住宅では、PC(プレキャストコンクリート)住宅をはじめ、内断熱や太陽光パネルの設置を組み合わせた省エネ住宅を企画。住宅で消費する電力を太陽光発電等の再生可能エネルギーを使うことで、ZEH(ゼロエネルギーハウス)として、長い目で見た省エネを実現します。
2025年には目標として当社が建てる住宅の50%以上をZEH住宅とします。
また、中古住宅のリフォーム改修工事を通して、建物の寿命を延ばし、長く住むことができる建物にしていきます。

ZEHについて

ZEH(ゼッチ)とは

ZEH(ゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス))住宅とは簡単に言うと省エネ住宅のことで、経済産業省は2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すという政府目標の達成に向け、課題や対応策をまとめた「ZEHロードマップ」を策定し、これに対応した取り組みを行っています。
屋島組でも積極的に取り組んでいます。

ZEH実施体制図

ZEH化比率目標

ZEH住宅の目標
2022年度は戸建て住宅の着工件数が少なく、弊社初の分譲住宅「富里オーシャンテラス」3戸及び個人住宅2戸を対象としています。
2023年度は弊社の分譲住宅「安座真シーサイド」3戸及び注文個人住宅1戸を対象としています。
2025年は分譲住宅全てを予定として入れております。
マンションや集合住宅、商業施設は含まれておりません。
株式会社屋島組はこちらです!
株式会社屋島組
〒900-0036
沖縄県那覇市西2丁目16番地3号
TEL.098-867-5505
FAX.098-867-9001
建築工事・土木工事・増改築工事・医療施設・商業店舗開発事業
設計から施工まで一貫した管理を行います
TOPへ戻る